「ムートン」とは羊の毛皮のことです。
「ムートン調」というものが巷に溢れていますが、本物のムートンに触れたことがありますか?
ムートンは、羊毛がそのまま皮革から生えているので、他にはない快適な機能がたくさんあります。
金澤屋のムートンを使えば、きっとこれまで感じたことのない最高の眠りをご体感頂けることでしょう!

ムートン

ムートンの特徴

あたたかい!

あまり知られていませんが、掛布団を重ねるよりムートンを敷いたほうが保温効果は断然高まります。
それは体温は体の下から逃げていくから。
冬の寒さ対策として重要なのは「保温性」と「断熱性」です。

ムートンを敷くことによって密集した羊毛が毛と毛の間に暖かい空気を含んで逃さず(保温)、空気の層が外気を遮断し(断熱性)、寒さから守ってくれます。

あたたかい

あたたかい

ムレにくい!

羊毛は綿の約2倍、ポリエステルの37.5倍の湿気を吸い込み、素早く発散します。 この機能により、暖かくてもジメっとした不快感のない心地よい空気の層の中で眠ることができます。

水分率
ムレにくい

寝疲れしにくい!

密度の高い羊毛がスプリングの役割を果たすことにより、体の重さを程よい弾力で支えてくれるのも大きな特徴です。
部分的に多くかかる体重による圧迫が緩和され、足腰にも負担をかけず眠ることができます。

寝疲れしにくい
以上の優れた機能から、海外では病院や老人ホームなどでも広く使用されています。
またケンブリッジ大学で34人の未熟児に対し綿毛布とムートンの比較試験を行ったところ、
「ムートンを使用したグループに1.5倍もの体重増加とメンタル面での安定が見られた」
という驚きの研究結果もあります。

ムートンを選ぶコツって!?

1毛の密度

しっかりと詰まっているものが良いです。
指を入れてすぐに下の皮革に触れてしまうものは毛の密度が低いということですから、密度の濃いムートンを選びましょう。

毛の密度
2安全性

人体に影響のある薬剤を使用していない事。
ムートンを製品にする際、実は少し前まで人体に有害とされる薬剤を使っている業者もありました。
ただ安いものを求めるのではなく、信頼できるお店から選びましょう。

安全性
3毛の硬さ

ムートンというと「柔らかい肌触り」のものが良いと思われがちです が、実は柔らかいものが良質であるとは言えません。
毛の密度が濃く、しっかりとして弾力があり、ある程度の硬さがあるものでないとすぐに毛がへたってしまいます。
金澤屋のムートンは厳選して仕入れているため、ムートンの特徴である「体を支える」効果が十分に期待できます。

毛の硬さ

金澤屋ムートンと他社商品の違い

低価格

ムートンは一般的に、高額なものとして数十万円からそれ以上のものもあります。
しかし、金澤屋では高品質のムートンが本当に「眠りの質の向上に役立つ寝具」だと確信しているからこそ、多くの人にお求めやすい価格で提供したいと考えています。

ムートンを以前からご存知のお客様から「金澤屋のムートンは、質はいいのに安いですね!」と言っていただくことがあります。 そして、ムートンをご購入頂いた方は、ご家族にもう1枚・・・と追加でお求めになったり、ご友人におすすめしてくださる方が多くいらっしゃいます。
そうしたお客様の声に応えるべく、高品質でお求めやすい価格でご提供するために、仕入れの工夫や直輸入での契約交渉、厳しい品質チェック、一括仕入れなどの出来る限りの努力を日々惜しまず行っています。
ドイツ直輸入

金澤屋7代目店主本木毅が、価格と機能を兼ね備えたムートンを追い求め、世界中を自分の脚で見て回り、探した結果、ドイツで出会った逸品です。 だからこそ、自信を持ってご提供できます。
ヨーロッパでは医療用にも用いられており、自宅での洗濯が可能です。

ドイツ直輸入
ドイツ直輸入
取り扱いについて

ムートンは、毎日汗をたっぷり吸うので、こまめに日に干し湿気を飛ばして下さい。
取り込むとき掃除機をかけると良いです。
もし汚れてしまったら?

お湯に浸したタオルなどで拭き、日に干せば大体きれいになります。
小振りのものであれば洗濯機でも洗う事ができます。
汚れがひどい場合には、当店、またはクリーニング店へご相談ください。

汚れてしまったら
毛が寝てしまったら?

以下の様に優しく毛を起こしてください。
ひどく絡みついている場合には、当店でも毛を起こすクリーニングも承っております。

毛が寝てしまったら?
毛が寝てしまったら?

本物のムートンの良さを知ってもらうために出来ること

布や綿シーツを介さず、ムートンに直接眠てみてください。
身体を横たえた瞬間、きっと不思議な安らぎを覚えるはずです。

自分の身体と異なる温度のものに触れると、体温移動が起きます。
これが「暑い・寒い」という刺激です。

冷たいものに横たわった瞬間身体に力が入ってしまうのはこのためです。


人間は常に皮膚から水分を放出しながら体温をコントロールし、生命機能を維持しています。
温度差に刺激を感じるのは、命を守る危機本能でもあります。

ウールは、暑さ寒さの刺激や湿度を機敏に察知し、たっぷりと含んだ空気の層で哺乳動物の生命を守ります。
通常のウール製品は織り方によって空気の含有量が異なりますが、ムートンは羊の毛皮そのもの。
「紡績」も「織り」もしていないため、含む空気の量は圧倒的です。

熱伝導率

しかし寝具としては数十万から中には百万円台のものも存在するのがムートン。
これではどんなに素晴らしい機能性を持っていても、一部の人にしか使ってもらえません。
一方で安価なものの中には、ひどい粗悪品があることも・・・。

私たちは、そのような寝具店のあり方に異議を唱えていきたいのです。

極上品ではないけれど、日常的に気持ちよく使っていただける質の寝具を選び、出来るだけたくさんの人の手もとに届く価格に抑えていきたいと思います。

「眠りの質は、変えることができる。」
肌に触れるもの一つで。

そのために金澤屋は一切の努力を惜しみません。

ムートン
お知らせ
Relax
ヴァーチャルツアー
お客様の声
スタッフ紹介

スタッフブログ
会員登録はこちら


ページTOPに戻る