眠りの質が変わる、ムートンの秘密


『ムートンの上にシーツを敷かないで直接寝るの?』
と、びっくりされる方もいらっしゃいます。

でも実際使ってみると、
『もう手放せない!』と、
喜んでいただくことも多いのです。

羊の毛皮に直接寝る、
そのことが眠りの質をどのように変えるのでしょう。

体温を上手にコントロールする、羊毛



羊毛は、哺乳動物の体を守るために進化した繊維。
人の体から出る水分を素早く吸っては逃がし、
つねに適切な体温に保とうと働いてくれるのです。
湿気を調整する力は、ポリエステルわたの30倍以上!




綿→水分の放出が遅いため、繊維に取り込まれた
水気によって冬場は特にヒヤっとしてしまう。
アクリル→水分を吸う力は羊毛の1/7以下。湿気が
こもり、蒸れて寝苦しかったり、汗で冷えてしまうことも。















空気をたっぷり含み、断熱性の高いムートンは、さわって
ヒヤッとすることがありません。
冷たい布団に寝ると、暖まるまで体に力が入りがちですが、
冷たさを感じにくいムートンは、
最初からフッと力がぬけ、眠りにも入りやすいと思いますよ!



寝ていて、体が楽!

ムートンは無数の毛先が体を持ち上げ、
敷ふとんに押し付けられていた体の面が楽になります。

毛の長さはおよそ3.5cm。



地面に寝ているとツライですが、芝生の上だとらくなのと似ています。







ケンブリッジ大学で34人の未熟児の赤ちゃんを対象に、
ムートンと綿毛布のグループにわかれて寝てもらったところ、
ムートンのグループは、平均して1.5倍の体重増加率が見られ、
メンタル面でも安定していたそうです。


血の流れも良くなり、寝ている間の疲れが減るから、
赤ちゃんがよく寝てくれると言われています。

まさに、『寝る子は育つ』ですね。

身体の凹凸が大きい大人の方ももちろん同じこと。
体表面の圧迫が楽になるため、
『寝疲れが少なくなった』と
言って頂く方も多いのです!


ムートンの裏側は、ポリエステル生地を貼り、
キルティングをして仕立ててあります。
ズレ防止のゴムバンド付。





意外に扱いも楽!

ムートンそのものは、汚れをはじく性質を持っているので、
綿に比べ汚れが取り込まれにくく、
天気の良い時に、お湯でぬらしたタオルなどで拭き、
干して掃除機をかけるくらいでOKです。

金澤屋でもクリーニングを承っております。
(Tel.027-322-3571 e-mail: shop@kanazawaya.ne.jp)
数に限りがありますので、売り切れる可能性もございます!


◆お取り扱いについて◆

・天気のよい時に午前中数時間干して湿気を飛ばしてください。

・ふだんは、汚れが気になったら、ぬらしたタオルでふいて干し、掃除機をかけて下さい。

・毛が寝てしまったら、タオルなどでぬらして犬用のブラシなどで起こしてください。(寝癖をなおす要領で)

・金澤屋でもクリーニングを承っております。
(Tel.027-322-3571 e-mail: shop@kanazawaya.ne.jp)

短毛しっかりムートンシーツ ◆シングル◆

関連カテゴリ:
ムートン
販売価格
84,000 円(税抜)
ポイント: 1,680 Pt
◆サイズ:100×200cm
◆表:羊毛(ムートン)
◆裏側:ポリエステル100%
◆中わた:ポリエステル固わた100%(ムートンと裏側生地の間)
◆オーストラリア及びニューシーランド産の羊毛原皮を中国で加工
◆ホルマリン不使用
数量
お知らせ
Relax
ヴァーチャルツアー
お客様の声
スタッフ紹介

スタッフブログ
会員登録はこちら


ページTOPに戻る