ほんとうの羊毛敷布団






*知ってほしい、羊毛のちから*


その時の湿度や温度にあわせ、ひつじの体を守る羊毛は、
同じ哺乳動物である人間の体温調整に、とても適した素材です。







羊毛は、空気中の水分を調整する力が、
綿の1.5倍、ポリエステルの約40倍もあります。















人間はいつでも皮膚から水分を空気中に発散させて、
その気化熱によって体温調整をしています。

放出した水分をすばやくキャッチして逃がしますので、
湿度による疲労や蒸れ感、冷えから身を守ります。

そのため、
『羊毛の肌着が雪山で生死をわける』とまで言われています。




一般的に販売されているものには、『羊毛混固綿敷布団』との表示が多くみられます。

それらのものは、羊毛わただけではなく、多くの割合で化繊わたが混ぜ込まれています。

また使われている羊毛も、一度使用したものを再利用する『再生羊毛』や、
クズクズのホコリのような羊毛が入っていることも多いのです。

このような中わたでは、生地から吹き出してしまうので、側生地を高気密に織り
樹脂でコーティングするなどの加工をほどこします。

生地そのものがビニールのようで、湿気を通さないため、
身体が放出する水分が逃げてゆかず、
そのために蒸れ感がおこり、体の下に熱がこもってしまったり
また汗で体をぬらして冷えてしまったりします。

  


また羊毛敷布団には、中に芯材が入っていることが多いのですが、
その芯としても、ペニャペニャの化繊わたの薄いものが使われていることも多く
身体を支える布団としては適切とはいえません。



*羊毛の機能をいかす仕立て!*

金澤屋では、すぐれた吸・放湿性をもった羊毛には、
その機能をいかすため、敷布団の側生地に綿100%の
通気のよいスムースニット生地を使うなど、独自の工夫をしています。

  

羊毛は、コシの強いフランス産ウール。
仕立てはメイドイン群馬です。



芯には平ウレタンと、固わたの化繊とを併用しています。
それを上下から羊毛ではさんで包んでいる作りです。


カット面なので、わたのボリュームがとてもあるように見えますが、
実際はこれを側生地に入れて仕立てると、10cm程度の厚みに仕上がります。

横にはマチ部分があります。マチの厚みは約5cm。


キルティングは裏と表でかえてあります。



↑平ウレタンの芯はこちら側の面に入っています。
しっかりした寝心地がよい方はこちらをお使いください。



↑こちら側はやわらかめ。


三つ折にすると、これくらいの厚みです。





干したりたたんだりのなどの扱いもしやすいです。


ただ、羊毛の特質として、使っているとどうしてもフェルト化し、
全体的につぶれてゆきますから、ブレスエアマットレスなどと併用していただくと
より気持ちよくお休みになれます。

***********************************

○ご注文いただいてから作成いたしますので、
 2週間前後のお日にちを頂いております。

○掲載はシングルサイズですが、サイズは自由に
 お作りできます。

サイズによって価格もそれぞれですので、ご希望の方はお問合せくださいませ。
(shop@kanazawaya.ne.jp TEL.027-322-3571)
⚠受注生産品のため、キャンセルはできません。 ご了承下さい。⚠


・お取扱いについて・

どんな布団でも、敷きっぱなしは厳禁です!
こまめに風を通したり干したりして、湿気を飛ばしてください。
(フローリングなどでご使用の方は特にブレスエアマットレスとの併用をおすすめします)

繊維が切れるので布団はたたかず、掃除機でホコリなどを取り除いてください。

ご自宅での丸洗いはできません。
どうしても必要な時は信頼できる寝具専門のクリーニング店にお問合せください。
金澤屋でも承ります(027-322-3571 shop@kanazawaya.ne.jp)。

オールスムース羊毛敷き布団・シングルサイズ100×210cm

関連カテゴリ:
敷き布団
販売価格
32,800 円(税抜)
ポイント: 656 Pt
100%の羊毛&通気のよい綿100%のスムースニット生地の敷布団
⚠受注生産の為2週間程お時間頂きます⚠
⚠受注生産の為キャンセルできません⚠
サイズ:100×210cm
側生地:綿(スムースニット)100%
中わた:羊毛100%(3.0kg) 
中芯:平ウレタン、固わたポリエステル(2.0kg)
重量:7.3kg
数量

お客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む
Relax
お客様の声
スタッフ紹介

メルマガのみ受け取る方はこちらへ
ハグみじゅうたん
500ポイントプレゼント


ページTOPに戻る