体温の高い赤ちゃんのために。






赤ちゃんの『体質』を考えて


赤ちゃんは、体温が高く、たくさんの汗をかきます。

ですが、よく見る赤ちゃん用組布団などは、中わた化繊100%のものが
多く見られます。

化繊わたは、汗を吸わず、体の下に湿気がこもってしまい、
非常に蒸れてしまったり、また体が汗でぬれて冷えてしまったりして、
体温調整をしづらいのです。


金澤屋では、ベビー布団には羊毛わたを使用しています。

羊毛は、湿気を取り込んだり、放出したりする力が、
化繊わたの40倍近くあります。





ひとの体は、『不感蒸泄(ふかんじょうせつ)』といって、空気中に水分を放出しながら
その気化熱によって、体温調整をおこなっております。


羊毛は、繊維の中に湿気を取り込んだり、放出したりして、私たちにとって、つねにちょうど良い温度湿度の空気層を作り出し、
身体を守ろうと働きかけてくれます。


体温が高く、よく汗をかく赤ちゃんには、とてもおすすめの素材なのです。





側生地の工夫



側生地には、通気性がよく、肌あたりもやさしい綿100%のスムースニット生地を
使用しています。
(裏は平織りの生地を使っています)






中わたに羊毛を使っていても、それを包む生地の目がつまっていて
汗を通さないものだったりすると、意味がありません。


ツルリとして、『カサカサ』と音のする光沢のある羊毛敷布団が一般的ですが、
これらは『ウールプルーフ加工』といって
高気密に織り上げ、プレスをして生地の目潰しをした上に、
しばしば樹脂コーティングをかけた加工がされています。


湿気を吸わず、洗っても形状変化しにくく、わたの吹出しもないのですが、
そこに眠る人のことを考えると、金澤屋ではおすすめはできません。


湿気を通さないものに身を包まれると、こんなに湿度があがります。






凹凸を生かしたウレタン芯



羊毛わたの下に、凹凸をつけた、しっかりしたウレタン芯を使用しています。

水分はその重みで下にゆきますから、
凹凸面を下に向けた仕様で空気の出入り口ができ、湿気が逃げやすくなります。





また、しっかりした中にも適度な弾力が生まれます。

裏返すとこんな感じです。






***********************************


○ご注文いただいてから作成いたしますので、2週間前後のお日にちを
頂いております。


◆お取扱いについて◆

どんな布団でも、敷きっぱなしは厳禁です!
こまめに風を通したり干したりして、湿気を飛ばしてください。

繊維が切れるので布団はたたかず、掃除機でホコリなどを取り除いてください。

ご自宅での丸洗いはできません。シーツをかけてご使用ください。

しっかりした中にも適度な弾力

どうしても必要な時は信頼できる寝具専門のクリーニング店にお問合せください。
金澤屋でも承ります(027-322-3571 shop@kanazawaya.ne.jp)。



ベビー羊毛敷ふとん ◆70×120cm◆

関連カテゴリ:
ベビー布団
販売価格
15,800 円(税抜)
ポイント: 316 Pt
◆サイズ:70×120cm(厚さ約5cm)
◆側生地:表・・・綿(表・スムースニット、裏・平織り)100%
◆中わた:羊毛100%(0.6kg)
◆中芯:ウレタン(プロファイル加工・・・凹凸の加工のこと)(0.5kg)
◆総重量:1.1kg
数量
お知らせ
Relax
ヴァーチャルツアー
お客様の声
スタッフ紹介

スタッフブログ
500ポイントプレゼント
会員登録はこちら
メルマガのみ受け取る方はこちらへ


ページTOPに戻る