会社概要

金澤屋の理念

道具としての寝具

元来、日本のふとんの始まりは、着物に起源を有します。
故に柄が付いた布団や、ピンク、ブルーといった男女を分けるような物が主流です。
それも、生活を楽しくするというひとつの要因ですが、業界の幼稚な意識を変えられない大きな要因でもあります。

金澤屋は眠る為の道具を提供する店として、もっとするべきことがあるのではないか。
道具としての意識をもっと前面に出さなくてはいけないのではないだろうか。
またお客様の悩みやニーズも、色柄ではなく、道具としての使い勝手を求めていると痛感しています。

お客様に体型や体質に合った最適の品を探してもらい、注文を受けて製造する“お誂え”という、創業からのやり方に返り、もっと素材や性質を知り、布団屋の原点にもどりたいと思います。
金澤屋の理念

一階では靴を、二階では服を脱がす。

初めてご来店される方は驚かれるかもしれませんが、金澤屋はご来店時に靴を脱いでいただく造りとなっています。
それは自然に体を横たえて寝具それぞれの寝心地をじっくり確かめていただきたいという思いから。
“入りにくい店”をあえて演出しています。

二階には「寝る」行為から、「眠る」を体験できる「眠室(ねむろ)」という部屋があります。
明かり、音、湿度、をコントロールし、パジャマに着替えていただき実際に数時間眠っていただき、それぞれの寝具をお試しいただけます。
寝具だけでなく寝室環境の提案も行っています。
金澤屋の理念

人生3分の2の為の睡眠。

健康ですこやかな生活を―それは誰もが望んでいることです。
そのためにも、より“快適な睡眠”は欠かせません。
「人生3分の1は睡眠」という言葉は有名ですが、起きている間の3分の2の時間をどう活かせるかが、「眠っている3分の1の時間にかかっている」ことに気がついている方は少ないのです。

睡眠の為に眠るのではなく、起きている時間をいかに活動的に充実させるかが、眠るという行為の本来の役割です。
私たちは、「眠る道具としての寝具をご提案する」のはもちろんですが、“睡眠の本来の役割と重要性”を皆様にお知らせすることも大切な仕事だと思っています。

お客様が、ストレスを感じることなく朝まで“ぐっすり”-good sleep―眠るにはどうすればよいのかを考え、ご提案してまいります。
金澤屋の理念

地域でしか出来ない商売を。

金澤屋は江戸時代より180年余、寝具の販売を通じて地域の人々の眠りを支えてきました。
私は長い店の歴史の一時期を借りて商売をし、やがて次の世代に紡いでいきたいと思っています。
私の子どもたちが大きくなって創業200周年を迎える時、『ふとん屋って格好良い』と誇りに思ってくれたらたらいいなと思っています。

金澤屋七代目 本木毅
金澤屋の理念

株式会社金澤屋商店
所在地 〒370-0813 群馬県高崎市本町65
TEL:027(322)3571
FAX:027(324)1028
shop@kanazawaya.ne.jp
営業時間 10:00 ~ 19:00
定休日 水曜日(祝日の場合は営業いたします)
創業 1836年(天保7年)
設立 1947年5月
代表者 本木孝雄
事業内容
  • 寝具全般の店頭販売および通信販売
  • 各種ふとんのオーダーメイド
  • オーストリアRELAX社の輸入代理店
  • 群言堂商品の仕入れ販売
  • ヨーロッパ各地からの直輸入による仕入れ販売 等
取扱商品
  • 布団類全般
    (羽毛布団、掛け布団、敷き布団、ベビー布団、座布団 等)
  • ベッド・マットレス・ウッドスプリング
  • 家具全般
  • インテリア雑貨
  • 群言堂商品、洋服小物
資本金 1,000万円
年商 1億2,000万円
取引銀行 群馬銀行(高崎支店)、 高崎信用金庫(本店営業部)
お知らせ
Relax
ヴァーチャルツアー
お客様の声
スタッフ紹介

スタッフブログ
会員登録はこちら


ページTOPに戻る